• 本

論理サバイバル 議論力を鍛える108問

出版社名 二見書房
出版年月 2003年5月
ISBNコード 978-4-576-03077-7
4-576-03077-9
税込価格 1,620円
頁数・縦 246P 21cm

商品内容

要旨

哲学・論理学の伝統的パズルを使って、勝ち残りのテクニックを磨く最強のテキスト。

目次

序章 ウォーミングアップ編―必殺開運モードへようこそ!
第1章 ゼノンから無限へ―詭弁から思弁へ、思弁からハイへ
第2章 嘘つきと循環―トラブルメーカーとの賢い付き合いかた
第3章 論証のアポリア―獰猛なリクツの飼いならしかた
第4章 合理的な判断とは?(その1)―正しく考えれば考えるほど楽しくなってくる
第5章 情緒、芸術、宗教、倫理―真と善と美と聖と快と愛は使いよう
第6章 無限からアンチノミーへ―悪循環を泳ぎきるために
第7章 合理的な判断とは(その2)―楽しく考えれば考えるほど深くなってゆく
第8章 確率のミステリー―コインとサイコロから始める超トリップ術
第9章 形而上学と社会―現世と天空を一望のもとに

出版社
商品紹介

伝統的なパラドクス・パズル・ジレンマを解きながら、ビジネス・日常生活で威力を発揮する論理力が鍛えられる。論理パラドクス第2弾。

著者紹介

三浦 俊彦 (ミウラ トシヒコ)  
1959年、長野県生まれ。小説家。東京大学文学部美学芸術学科卒業。89年、同大学大学院比較文学比較文化専門課程修了。現在、和洋女子大学教授。研究分野は、分析哲学、形而上学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)