• 本

アイデアスポッティング ひらめきを現実化する128の方法

出版社名 二見書房
出版年月 2008年1月
ISBNコード 978-4-576-07079-7
4-576-07079-7
税込価格 1,650円
頁数・縦 252P 19cm

商品内容

要旨

アイデアスポッティングとは、『探索+関連づけ』のことである。アイデアスポッターたちは、どうやって探索し、関連づけをしたのか。どこで、どうやって素晴らしいアイデアを見つけたのか。実例・ヒント・箴言でその秘訣に迫る全米話題の書。

目次

冷めたオフィスじゃ熱いアイデアはわかないじゃあなんでそこにいる?
可能性の領域を探索する
よく見れば何かが得られる
話を聞くのなら口を閉じて耳を開け
質問してバカを演じるか質問せず、そのままバカでいるか
相手は何に対して笑い、泣き、叫ぶか
アイデアが浮かべば、文字にするイメージがわけば、絵にする
自分の庭だけが庭じゃない次のアイデアは塀のすぐ向こうにあるかもしれない
誰に電話するか
失態、駄作、悪手…へま、失策、どじは誰にもある善後策を探す
見つけた者が勝者となる
あるものを探すとまたあるものにぶつかる
ハイビスカスとコラボする
「ぬるま湯は果てのない棺桶」―ジェームズ・ハンター
「世界は1冊の本。旅しなければ1頁読んだにすぎない」―聖アウグスティヌス
行けないときはとどまる持っているものを最大活用する
これまで話してきたことは全部できるアイデアが次から次へとわいてくる

出版社
商品紹介

全米で話題の、アイデア発想&自己啓発論。具体的な実例を元にビジネスや創作のヒントになるさまざまな言葉や記述がいっぱい。

著者紹介

ハリソン,サム (ハリソン,サム)   Harrison,Sam
広告代理店やコンサルティング業において20年以上の経験を持ち、S&P500(スタンダード&プアーズ500種株価指数)構成企業の広告担当上級副社長を務めたほか、NFL(全米フットボール協会)、メジャーリーグ、ホールマーク、ハズブロ、ジョン・デンバー環境財団等のクライアントやアソーシエイトと業務を行なった。現在はアトランタの大学院でライティングとクリエイティビティの講座を持つほか、全米各地の広告代理店や企業、団体にてコンサルティングやセミナーを手がけている
中村 三千恵 (ナカムラ ミチエ)  
翻訳者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)