• 本

鳥あそび 野鳥おもしろ手帖

出版社名 二見書房
出版年月 2011年2月
ISBNコード 978-4-576-10191-0
4-576-10191-9
税込価格 1,728円
頁数・縦 159P 20cm

商品内容

要旨

こんな野鳥の楽しみ方を知ってますか?上野動物園の園長さんは鳥あそび歴50年の“鳥名人”。庭に鳥を呼ぶ方法から街中や里山での観察術まで、自ら撮った写真を織りまぜて綴る野鳥おもしろ体験記。

目次

1章 我が家の庭から
2章 多摩の里山フィールド
3章 水辺のフィールド
4章 いろ鳥どり帖

出版社
商品紹介

バードウォッチング歴40年の名人が、野鳥との触れあい方を伝授する鳥エッセイ。観察が10倍楽しくなる「いろ鳥どり図鑑」付き。

著者紹介

小宮 輝之 (コミヤ テルユキ)  
恩賜上野動物園園長。1947年東京生まれ。20歳のとき日本野鳥の会に入会、大学でも野鳥研究会に所属し全国の有名探鳥地でバードウォッチングに明け暮れる。1972年多摩動物公園に就職し、日本産動物と家畜の飼育係となり、園内の野鳥も担当動物のつもりで楽しむ。その後、ガン、コウノトリ、トキ、ツルなど希少鳥類の飼育繁殖技術の開発に関わる。多摩動物公園と上野動物園の飼育課長を経て、2004年上野動物園園長。2008年から北極のライチョウの飼育を開始し、日本産のライチョウの危機を救うための研究に着手する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)