• 本

奉仕するリーダーシップ 小川淳司監督はヤクルトに何をしたのか

出版社名 二見書房
出版年月 2011年12月
ISBNコード 978-4-576-11161-2
4-576-11161-2
税込価格 1,430円
頁数・縦 204P 19cm

商品内容

要旨

「勝った手柄は選手に、負けた責任は自分が」の信念のもと、メンバーをねぎらい、かばい、その成長に全力を尽くし、それを組織力として集結させる「奉仕のリーダーシップ」とは?東京ヤクルトスワローズ大躍進を演出した「日本一の地味監督」小川淳司の牽引術を臨床スポーツ心理学のエキスパートが分析する。

目次

第1章 「地味監督」による勝利への手法
第2章 メンバーに慕われる小川流
第3章 キーはフォロワーシップ
第4章 システムから考えたチームワーク
第5章 小川采配に見るリーダーシップ・序論
第6章 小川采配に見るリーダーシップ・本論

出版社
商品紹介

昨年後半〜今年にかけてのヤクルトの大躍進。それを支えた「地味監督」小川淳司の監督術を組織観・人間観・野球観などから解析する。

著者紹介

児玉 光雄 (コダマ ミツオ)  
1947年兵庫県生まれ。京都大学工学部卒業。学生時代テニスプレイヤーとして活躍し、全日本選手権にも出場。カリフォルニア大学ロサンジェルス校(UCLA)大学院に学び工学修士号取得。米国オリンピック委員会スポーツ科学部門の客員研究員としてオリンピック選手のデータ分析に従事。また、日本で数少ないプロスポーツ選手・スポーツ指導者のコメント分析に精力的に取り組んでいる。現在、「ホンマでっか!?TV」に準レギュラーとして出演中。専門は臨床スポーツ心理学、体育方法学。日本体育学会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)