• 本

赤い薔薇は背徳の香り

二見文庫 ペ2−2 ザ・ミステリ・コレクション

出版社名 二見書房
出版年月 2012年5月
ISBNコード 978-4-576-12048-5
4-576-12048-4
税込価格 1,028円
頁数・縦 597P 15cm

商品内容

要旨

1815年、イギリス。子爵家に生まれながらも度重なる不幸にあい、あげく娼館に売られてしまったアン。さらにそこである“事件”を起こしてロンドンを追われ、行き場をなくした彼女は、若くして戦争で失明し、人目をはばかるように暮らすマーチ公爵の愛人になろうと考える。名も知らぬ彼女の来訪に戸惑う公爵だったが、アンの献身的なやさしさに惹かれ、愛人契約を結ぶことに。ふたりは幾度となく肌を重ねるうち心を通わせていき、アンは明かせぬ過去を抱えたまま公爵を恋い慕うようになるが…全米絶賛のセンシュアル・ロマンス。

出版社・メーカーコメント

とある事情でやむをえず娼婦となった子爵家令嬢のアン。しかし一人の公爵との出逢いが彼女の運命を変えて…!?

著者紹介

ペイジ,シャロン (ペイジ,シャロン)   Page,Sharon
大学で工業デザインを学んだ後、構造工学の企業で調査開発の仕事に携わる。そのかたわらロマンス小説の執筆を始め、「エローラズ・ケイヴ」より2003年にデビュー。『罪の夜への招待状』(幻冬舎刊)でNational Reader’s Choice Awardのエロティック・ロマンス部門最優秀賞を受賞する。2009年には『罪深き夜の館で』(二見文庫)が米国ロマンス小説専門書評誌「ロマンティック・タイムズ」でセンシュアル・ヒストリカル部門最優秀賞を受賞し、その後2011年にも『赤い薔薇は背徳の香り』が同賞にノミネートされ、“エロティック・ロマンスの新女王”と評されている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)