• 本

百万石のお墨付き

二見時代小説文庫 あ2−2 かぶき平八郎荒事始 2

出版社名 二見書房
出版年月 2014年3月
ISBNコード 978-4-576-14015-5
4-576-14015-9
税込価格 700円
頁数・縦 325P 15cm

商品内容

要旨

白い裸身の女が月光に浮かびあがっていた。甲斐の国、大月宿外れの湯治場である。元幕臣で今は中村座の殺陣師、豊島平八郎に、甲府藩主・柳沢吉里に仕えるという女は、藩の存亡を左右する書き付を江戸藩邸まで届けてほしいという、平八郎も知る藩重臣の頼みを伝えた。やがて平八郎に迫る将軍吉宗の御庭番らの影。

出版社・メーカーコメント

大奥大年寄の姉絵島の事件から赦免され江戸に戻った豊島平八郎。溝口派一刀流の凄腕を買われて二代目市川團十郎の殺陣師となり……。

著者紹介

麻倉 一矢 (アサクラ カズヤ)  
兵庫県生まれ。コピーライターを経て作家活動に入る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)