• 本

剣客大名柳生俊平 将軍の影目付

二見時代小説文庫 あ2−5

出版社名 二見書房
出版年月 2015年9月
ISBNコード 978-4-576-15130-4
4-576-15130-4
税込価格 713円
頁数・縦 295P 15cm

商品内容

要旨

徳川家御一門である久松松平家の越後高田藩主の十一男は、将軍家剣術指南役の柳生家一万石の第六代藩主となった。享保十五年(一七三〇)九月朔日、江戸城表御殿菊の間において柳生俊平は、伊予小松藩主一柳頼邦、筑後三池藩主の立花貫長と初体面で意気投合、一万石大名の契りを結んだ。同じ頃俊平は、八代将軍吉宗から密かに影目付を命じられ難題に取り組むことに…。

おすすめコメント

新シリーズ第1弾!

著者紹介

麻倉 一矢 (アサクラ カズヤ)  
1947年、兵庫県生まれ。東京大学文学部卒業、コピーライターを経て、『魔宮伝』(角川書店)で作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)