• 本

過去からの密命

二見時代小説文庫 お3−15 北町影同心 2

出版社名 二見書房
出版年月 2016年5月
ISBNコード 978-4-576-16069-6
4-576-16069-9
税込価格 713円
頁数・縦 318P 15cm

商品内容

要旨

江戸広しといえど、これほどの才女は…と北町奉行に言わしめた音乃は、今は亡き夫・巽真之介の父である元臨時廻り同心の丈一郎とともに、奉行直々の影同心として働くことになった。丈一郎がかつて火盗改に煮え湯を飲まされ、有耶無耶のままの真犯人を見つけたいと願うと、奇しくも奉行もその意向という。機知と機転の音乃と老練な丈一郎の探索は…。

おすすめコメント

「江戸広しといえどこれほどの女はおるまい」と北町奉行を唸らせた同心の妻・音乃。奉行の影同心として悪を斬る!シリーズ第2弾!

出版社・メーカーコメント

奉行瞠目の「烈女」音乃、元「鬼同心」の巽丈一郎。嫁と義父が謎に挑む!火盗改の横暴で有耶無耶の十二年前の事件の犯人探し。記憶の彼方の探索に挑む音乃と丈一郎の影働きが、火盗改の闇を抉り出す!江戸広しといえど、これほどの才女は…と北町奉行に言わしめた音乃は、今は亡き夫・巽真之介の父である元臨時廻り同心の丈一郎とともに、奉行直々の影同心として働くことになった。丈一郎がかつて火盗改に煮え湯を飲まされ、有耶無耶のままの真犯人を見つけたいと願うと、奇しくも奉行もその意向という。機知と機転の音乃と老練な丈一郎の探索は……。