• 本

誰かに話したくなる怖い話

二見レインボー文庫

出版社名 二見書房
出版年月 2016年6月
ISBNコード 978-4-576-16086-3
4-576-16086-9
税込価格 670円
頁数・縦 251P 15cm

商品内容

要旨

毎晩街灯の下に佇む母子の目的は?…「この子にあげてください、その目」。教室で始まった怪談話に次々人が加わり…「とっておきの怖い話」。いるなら出ておいでと言ってしまったばかりに…「墓地での肝試し」。ナムコ・ナンジャタウン(現ナンジャタウン)で、かつて恒例だった「怖い話コンテスト」。そこに全国から寄せられた膨大な数の霊体験談から、とびきり怖い48話を厳選収録。

目次

第1章 きわめつきの超怖い話(ガチャガチャ…ズルズル…
呪われた交差点 ほか)
第2章 怨霊がひそむ歪んだ空間(世にも恐ろしい「遊戯」
ぬいぐるみを抱いた女 ほか)
第3章 心に染み入る怖い話(「私が建てた家に住むな!」
午後三時になると… ほか)
第4章 恐怖へ誘う魔のスポット(もう、ここには住めない
女子トイレ床下の棺桶 ほか)
第5章 世にも不思議な怖い話(「じゃあ…、また来るね」
連れ帰ってしまった霊 ほか)

出版社・メーカーコメント

毎晩街灯の下に佇む母子の目的は?…「この子にあげてください、その目」。教室で始まった怪談話に次々人が加わり…「とっておきの恐い話」。いるなら出ておいでと言ってしまったばかりに…「墓地での肝試し」。ナムコ・ナンジャタウン(現ナンジャタウン)で、かつて恒例だった「怖い話コンテスト」。そこに全国から寄せられた膨大な数の霊体験談から、とびきり怖い話を厳選収録。48の最恐実話。