• 本

影武者捜し

二見時代小説文庫 お3−20 北町影同心 7

出版社名 二見書房
出版年月 2018年1月
ISBNコード 978-4-576-17196-8
4-576-17196-8
税込価格 713円
頁数・縦 321P 15cm

商品内容

要旨

北町奉行の影同心・音乃の甥、十一歳になる鉄太郎が行方不明になった。同日同時刻、年齢も身形も似た子供たちが他に二人、行方知れずになっていた。一方、奉行の勧めで、音乃は書院番士と見合いをするが、番士の従兄弟・船手奉行のもとに、海で助けられた「殿」と呼ばれる記憶喪失の少年がいることを知る。少年も甥たちと齢恰好が酷似。音乃は、子供たち失踪の闇を暴く!

おすすめコメント

「江戸広しといえどこれほどの女はおるまい」と北町奉行を唸らせた同心の妻・音乃。奉行の影同心として悪を斬る!

著者紹介

沖田 正午 (オキダ ショウゴ)  
現さいたま市生まれ。「沖田節」ともいえる、人を見る目の暖かさと軽妙な筆づかいがファンを惹きつけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)