• 本

辻斬りの始末

二見時代小説文庫 こ1−20 栄次郎江戸暦 20

出版社名 二見書房
出版年月 2018年10月
ISBNコード 978-4-576-18147-9
4-576-18147-5
税込価格 700円
頁数・縦 322P 15cm

商品内容

要旨

田宮流抜刀術の達人で三味線の名手・矢内栄次郎は、湯島の女坂で黒い布で顔を隠した賊が、足元に倒れた男に留めを刺そうとしているのに遭遇した。このところ続いている辻斬りであった。一方、御徒目付の兄・栄之進から、旗本屋敷での謎の女中失踪事件の探索を依頼された栄次郎は…。探索を続けていくうち、別々に見えた二つの事件が一つの形にみえはじめてきた。

おすすめコメント

田宮流抜刀術の達人で三味線の名手、矢内栄次郎が闇を裂く!吉川英治賞作家が人気シリーズ!

著者紹介

小杉 健治 (コスギ ケンジ)  
1983年『原島弁護士の処置』でオール讀物推理小説新人賞を受賞。87年『絆』で推理作家協会賞、89年『土俵を走る殺意』で吉川英治文学新人賞を受賞。1947年、東京に生まれる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)