• 本

誰も知らない死刑の舞台裏

二見レインボー文庫

出版社名 二見書房
出版年月 2018年10月
ISBNコード 978-4-576-18155-4
4-576-18155-6
税込価格 713円
頁数・縦 292P 15cm

商品内容

要旨

2018年7月、オウム真理教の元教祖・幹部13人全員の死刑が執行された―。世界では3分の2以上の国で死刑を廃止・停止しているが、私たち日本人は「人の命を奪う」刑に直接向き合わなければならない。日本では死刑判決はどう行われ、死刑囚はどんな生活をして死刑はどう執行されるのか。秘密録音された死刑告知から執行までの53時間も再録し、日本の死刑制度はどうあるべきかを考える。

目次

序章 謎だらけの「死刑」の真実に迫る(いま、なぜ、死刑が注目されるのか
秘密主義の日本とオープンなアメリカとの落差 ほか)
第1章 見せしめの残酷刑から人道的処刑へ(死刑の歴史は「おぞましい残酷刑」の歴史
絞首刑以外の現行の処刑法は? ほか)
第2章 日本の「死刑」も時代とともに変貌(文明開化につれて斬首刑から絞首刑へ
死刑に該当する罪種もこんなに変わった ほか)
第3章 「最期の日」までの死刑囚の日々(厚い壁に閉ざされた死刑囚の獄中生活
死刑か無期かに揺れる被告たち ほか)
第4章 死刑制度の危険な落とし穴(捏造された証拠ゆえに死刑判決を受けた男
無実の男に死刑判決を下した「自白調書」の恐怖 ほか)

著者紹介

近藤 昭二 (コンドウ ショウジ)  
1941年、名古屋市生まれ。ジャーナリスト、シナリオライター、NPO法人731部隊・細菌戦資料センター共同代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)