• 本

江戸城炎上 本丸目付部屋 2

二見時代小説文庫 ふ3−2

出版社名 二見書房
出版年月 2018年11月
ISBNコード 978-4-576-18166-0
4-576-18166-1
税込価格 713円
頁数・縦 279P 15cm

商品内容

要旨

江戸城表台所の小座敷で賄いの朝飯を食べた目付や小姓、小納戸衆が腹痛で七転八倒、味噌汁にあたったようだった。調べると味噌樽に毒草が入れられていた。いったい誰が、何のために?さらに表台所組頭の屋敷が放火され、放火犯は坊主頭だったという。目付の調べが進むと、目付筆頭もよく知る清廉潔白といわれる同朋頭に大きな疑惑が生まれ…。江戸城を舞台の第二弾!

おすすめコメント

権力に阿ることなく、自らを律し正義を貫く目付十人の清々しい活躍。刊行開始早々人気のシリーズ第2弾

著者紹介

藤木 桂 (フジキ カツラ)  
千葉県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。テレビドラマの企画脚本などを経て、本格時代小説に挑戦。シリーズ第一弾『本丸目付部屋 権威に媚びない十人』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)