• 本

評定所留役秘録 父鷹子鷹

二見時代小説文庫 ま2−19

出版社名 二見書房
出版年月 2018年12月
ISBNコード 978-4-576-18185-1
4-576-18185-8
税込価格 700円
頁数・縦 308P 15cm

商品内容

要旨

評定所は三奉行(町・勘定・寺社)がそれぞれ独自に裁断しえない案件を老中、大目付、目付と合議する幕府の最高裁判所。留役がその実務処理をした。結城新之助は、鷹と謳われた父の後を継いで留役となった。ある日、新之助に「貰い子殺し」に関する調べが下された。探っていくと五千石の大身旗本松平左京の影が浮かんできた。父、弟小次郎との父子鷹の探索が始まって…。新シリーズ第1弾。書き下ろし長編時代小説。

おすすめコメント

新シリーズ!