• 本

世界史のなかの昭和史

出版社名 平凡社
出版年月 2018年2月
ISBNコード 978-4-582-45452-9
4-582-45452-6
税込価格 1,836円
頁数・縦 462P 20cm

商品内容

要旨

ヒトラーとスターリンとルーズベルトが動かした日本昭和史とは?戦争への盲点が見えた。半藤昭和史・三部作、完結編。

目次

プロローグ 歴史の皮肉と大いなる夢想―長い探偵報告のはじめに
第1話 摂政裕仁親王の五年間―大正から昭和へ
第2話 満洲事変を中心にして―昭和五年〜八年
第3話 日独防共協定そして盧溝橋事件―昭和九年〜十二年
第4話 二つの「隔離」すべき国―昭和十二年〜十三年
第5話 「複雑怪奇」と世界大戦勃発―昭和十四年
第6話 昭和史が世界史の主役に躍りでたとき―昭和十五年
第7話 「ニイタカヤマノボレ」への道―昭和十六年
エピローグ 「ソ連仲介」と「ベルリン拝見」―敗戦から現代へ

出版社・メーカーコメント

ヒトラーとスターリンとルーズベルトが動かした戦前日本とは? その盲点が初めて明かされる。待望の半藤昭和史・三部作、完結編!

著者紹介

半藤 一利 (ハンドウ カズトシ)  
1930年、東京生まれ。東京大学文学部卒業後、文藝春秋入社。「週刊文春」「文藝春秋」編集長、取締役などを経て作家。著書は『漱石先生ぞな、もし』(正続、新田次郎文学賞)、『ノモンハンの夏』(山本七平賞)(以上、文藝春秋)など多数。『昭和史 1926‐1945』『昭和史 戦後篇 1945‐1989』(平凡社)で毎日出版文化賞特別賞を受賞した。2015年、菊池寛賞を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)