• 本

日本会議の正体

平凡社新書 818

出版社名 平凡社
出版年月 2016年7月
ISBNコード 978-4-582-85818-1
4-582-85818-X
税込価格 864円
頁数・縦 263P 18cm

商品内容

要旨

安倍政権とも密接な関係をもち、憲法改正などを掲げて政治運動を展開する、草の根右派組織「日本会議」。虚実入り混じって伝えられる、その正体とは。関係者の証言を軸に、その成り立ちと足跡、活動の現状、今後の行方を余すことなく描く。反骨のジャーナリストがその実像を炙り出す決定版ルポ。

目次

第1章 日本会議の現在(右派人士を網羅した「国民会議」
“宗教右派”が結集した「守る会」 ほか)
第2章 “もうひとつの学生運動”と生長の家―源流(事務総長・椛島有三の原点
右派学生の蠢動 ほか)
第3章 くすぶる戦前への回帰願望―日本会議と神道(戦後体制への憤懣
日本会議内部での神社本庁の役割 ほか)
第4章 “草の根運動”の軌跡(最初の成功体験
「下から」の運動と「上から」の政治力 ほか)
第5章 安倍政権との共振、その実相(蓄積してきた手法と組織を総動員
改憲へ向けて押される最後のスイッチ ほか)

おすすめコメント

現政権とも密接な関係をもち、憲法改正等掲げて保守運動を展開する「日本会議」。その成り立ち、活動の現状、今後の方向性を描く。

著者紹介

青木 理 (アオキ オサム)  
1966年長野県生まれ。ジャーナリスト。90年に慶応義塾大学卒業後、共同通信社入社。社会部、外信部、ソウル特派員などを経て、2006年にフリーとなる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)