• 本

保守の遺言 JAP.COM衰滅の状況

平凡社新書 872

出版社名 平凡社
出版年月 2018年2月
ISBNコード 978-4-582-85872-3
4-582-85872-4
税込価格 950円
頁数・縦 301P 18cm

商品内容

要旨

稀代の思想家、絶筆の書。自裁に込められた真意とは。

目次

第1章 今此処における我が国の紊乱状況(総選挙という笑えぬ喜劇
いつになったら消えてくれる、民主主義という狂った言葉 ほか)
第2章 瀕死の世相における人間群像(スマホ人―世界を弄んでいるうち世界に弄ばれている人々の群れ
選挙人―「塵も積もれば山となる」朽ちんばかりの病葉の群れ ほか)
第3章 社会を衰滅に向かわせるマスの妄動(「踏んづけてくれ、だが命だけは助けてくれ」―それが戦後日本の思想的極意
自由、民主、進歩―すべてが近代の宿痾 ほか)
第4章 脱け道のない近代の危機(モダニズム、レフティズム、ラショナリズム、アメリカニズムそしてマスクラシー
イノヴェーション、近代人の生活習慣病か ほか)

著者紹介

西部 邁 (ニシベ ススム)  
1939年北海道生まれ。思想家、評論家。東京大学大学院経済学研究科修士課程修了。横浜国立大学助教授、東京大学教授などを歴任。東京大学教授を88年に辞任。執筆活動のほかテレビなどでも活躍。2017年10月まで雑誌『表現者』顧問を務める。著書に『経済倫理学序説』(中公文庫、吉野作造賞)、『生まじめな戯れ』(ちくま文庫、サントリー学芸賞)、『サンチョ・キホーテの旅』(新潮社、芸術選奨文部科学大臣賞)など多数。2018年1月21日に自裁を遂げる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)