• 本

嫌韓道

ベスト新書 474

出版社名 ベストセラーズ
出版年月 2015年5月
ISBNコード 978-4-584-12474-1
4-584-12474-4
税込価格 836円
頁数・縦 207P 18cm

商品内容

要旨

韓流ブーム華やかなりし、二〇〇五年。山野車輪の『マンガ嫌韓流』が刊行された。異例の大ヒットにもかかわらず、マスコミはほとんど黙殺に近い扱いをした。あれから一〇年。今や週刊誌などでは毎週のように嫌韓特集が組まれ、書店には嫌韓コーナーが常設され書籍やムックなどが平積みにされている。二〇一四年に内閣府が発表した「外交に関する世論調査」によれば、「韓国に親しみを感じない」日本国民が約七割にも達している。嫌韓は一朝一夕に生まれたわけではない。その“道のり”に何があって、日本人はどう変わっていったのか?そして日本人にとって、嫌韓はどうあられねばならないのか、嫌韓のパイオニアが初の新書で詳らかにする!

目次

第1章 韓国は恐るべき、反日国家(韓国は日本の同盟国でも友好国でもない!
韓国にとって日本は仮想敵国である! ほか)
第2章 日帝七奪の大嘘と韓国英雄テロリスト伝(韓国の英雄はテロリスト!
米国駐韓大使を襲ったテロリストも英雄 ほか)
第3章 差別をなくすために!在日問題の本質(在日タブーの存在
在日問題の本質―「在日特権」という権利!? ほか)
第4章 嫌韓に火を注いだ日韓現代史(教科書問題に端を発した、間違いだらけの日韓近現代史
全ては政治の怠慢?間違いだらけの慰安婦問題 ほか)
第5章 従軍慰安婦と朝日新聞の真実(日本人によって産み出された「従軍慰安婦」問題
嘘、偽りの吉田証言を世界に広めた『朝日新聞』 ほか)

おすすめコメント

100万部以上を売り上げた漫画『嫌韓流』の著者初の書き下ろし。なぜ日本人は韓国を嫌う道を選んだのか?本当の原因を探る一冊。

著者紹介

山野 車輪 (ヤマノ シャリン)  
1971年生まれ。WEB漫画出身の漫画家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)