• 本

大日本帝国の戦争遺跡

ベスト新書 479 ヴィジュアル新書

出版社名 ベストセラーズ
出版年月 2015年7月
ISBNコード 978-4-584-12479-6
4-584-12479-5
税込価格 1,265円
頁数・縦 214P 18cm

商品内容

要旨

近代日本の発展に大きな役割を果たした旧日本軍。ところが、昭和二〇年の終戦とともに、旧軍の関連施設はその歴史的価値を顧みられることもなく忘れられ、あるいは無残に破壊されてきた。近年、近代遺跡の再評価がすすんでいるとはいえ、旧軍施設に対する注目は十分とはいえず、今日でも老朽による取り壊しなどが相次いでいるのが実状だ。本書は、長年にわたって旧軍にまつわる史跡を追い続けてきた著者が「帝国日本」の面影をいまに伝えるスポットを厳選して紹介している。

目次

序章 戦後70年目の戦艦武蔵発見
第1章 要塞・トーチカ(沿岸トーチカ群(北海道根室市ほか)
函館要塞跡(北海道函館市) ほか)
第2章 鎮守府・師団・司令部(旧陸軍第八師団(青森県弘前市)
横須賀鎮守府・海軍工廠跡(神奈川県横須賀市) ほか)
第3章 兵站・工廠・産業遺産(東京第二陸軍造兵廠忠海製作所跡(広島県竹原市)
佐世保と川棚の海軍工廠跡(長崎県佐世保市、東彼杵郡川棚町) ほか)
第4章 帝国軍人ゆかりの地をめぐる(乃木希典
山本五十六 ほか)

おすすめコメント

要塞、司令部、軍需工場など、明治から昭和の終戦までに作られ、そして忘れられていった戦争遺跡を、豊富な写真とともに紹介する。

著者紹介

飯田 則夫 (イイダ ノリオ)  
1962年、茨城県生まれ。編集プロダクション勤務などを経て、独立。旅行雑誌や歴史雑誌を中心に取材執筆。「予科練」など旧海軍航空が身近な環境で育ったことから、近代日本の足跡を知る新鮮な歴史素材として学生時代より旧軍史跡に興味を持ち各地を探索してきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)