• 本

東京裁判の大罪

ベスト新書 483

出版社名 ベストセラーズ
出版年月 2015年7月
ISBNコード 978-4-584-12483-3
4-584-12483-3
税込価格 897円
頁数・縦 199P 18cm

商品内容

要旨

我々日本人は、戦後七十年たった今でも、“A級戦犯”という屈辱的な文言と思考から脱却できない。我々自身がこうだから、諸外国、なかんずく中国、韓国から「歴史認識を改めろ」などと、いわれなき攻撃を受けてにわかに反論できない。自国の歴史を侮蔑し、かつての日本人を恥多き悪人とする者は、東条英機や他の“A級戦犯”を批判していれば、自分の思考は健全だと高を括っている。本当は、いかに東京裁判がおよそ裁判の名に値しない“犯罪”であったかを大検証して、この世紀の茶番の無効を発信し、我々の側の歴史認識に確信を新たにすることが急務である。東京裁判の大罪と“A級戦犯”のまやかし、本書はこの二点を明らかにするために書かれた。

目次

第1章 中国・韓国はA級戦犯をどう利用しているか
第2章 靖国神社参拝は、日本人の宗教行事
第3章 A級戦犯という“まやかし”
第4章 東条は何ゆえ戦犯か
第5章 満洲事変を東京裁判が扱ったのは誤り
第6章 エゴの塊アメリカ
第7章 戦争責任とは何か

おすすめコメント

A級戦犯≠ニは何か。極めてご都合主義的な政治ショウであった東京裁判の虚妄を糺しA級戦犯≠ノまつわる全ての誤解を解く。

著者紹介

太田 尚樹 (オオタ ナオキ)  
1941年、東京都生まれ。作家、東海大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)