• 本

五感の哲学 人生を豊かに生き切るために

ベスト新書 511

出版社名 ベストセラーズ
出版年月 2016年5月
ISBNコード 978-4-584-12511-3
4-584-12511-2
税込価格 896円
頁数・縦 246P 18cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

世界をよく見て聴いて嗅いで味わって触れてみることが、私たちが死の床まで携えてゆくことのできる至福のよろこびを構築してくれるでしょう。五感の哲学という試みは、ものごとをただ抽象的に考えるのではなく、自分の身体感覚を敏感にして、まずは身体全体で世界から降り注ぐシャワーを感じてみることです。この一度きりの人生を豊かに生き切って、この世を味わい尽くして、あの世に旅立つ道を辿ることが、本書のテーマです。

目次

序章 五感の危機、危機の五感
第1章 味覚―命にかかわる美味しさ
第2章 嗅覚―懐かしさは香りとともに
第3章 触覚―内と外に微風を感じて
第4章 聴覚―心を震わせてみて
第5章 視覚―未知の光景を見たい
第6章 五感の融合―開いて閉じて思い出して
終章 こころの温泉

おすすめコメント

低成長時代そして老後の孤独の時代を生きる日本人の「幸せ」とは何か?その鍵が「五感の働かせ方」「五感にもとづく想像力」にある!

著者紹介

加藤 博子 (カトウ ヒロコ)  
1958年生まれ。新潟県出身。文学博士(名古屋大学)。専門はドイツ・ロマン派の思想。大学教員を経て、現在は幾つかの大学で非常勤講師として、美学、文学を教えている。また各地のカルチャーセンターで一般向けにやさしい哲学講座を開催し、さらに最近は「知の訪問介護」と称して各家庭やご近所に出向き、文学や歴史、哲学などを講じて、日常を離れた会話の楽しさを提供している。『五感の哲学―人生を豊かに生き切るために』は初の著作(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)