• 本

日本人に「憲法」は要らない

ベスト新書 529

出版社名 ベストセラーズ
出版年月 2016年8月
ISBNコード 978-4-584-12529-8
4-584-12529-5
税込価格 864円
頁数・縦 245P 18cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

日本に「憲法」という言葉が初めて現れるのは、養老4年(720)に完成したとされる『日本書紀』にある「皇太子親肇作憲法十七條」の一文である。いわゆる聖徳太子の「十七条憲法」だ。イギリスとの独立戦争に勝利した後に作られた「アメリカ合衆国憲法」は、1788年に発効された。それ以前にアメリカには憲法はない。国がなかったのだから当然だ。「フランス憲法」もまた、“革命”によって作られたものである。ヨーロッパで最初に「憲法」を立てた国はイギリスだと言われているが、イギリスには、一冊にまとまった“憲法典”は存在しない…。イギリス以上に歴史のある日本は、実は、国家運営の基盤としての“憲法典”を必要としない国なのである―。

目次

序章 憲法の基礎知識―憲法学者が教えない、「憲法」の“常識”(「憲法」の常識、非常識
イギリスに「憲法」はない!?
「十七条憲法」は世界に誇る知的財産
「憲法は権力を縛るもの」という定義は、日本ではナンセンス)
第1章 改憲論の問題点―護憲派も改憲派も避けられない“真実”(憲法問題による“東京の壁”
憲法学者、政治家、マスコミの欺瞞
アメリカ製の「日本国憲法」
「八月革命」というプロパガンダ)
第2章 憲法の定義―改めて考える。「憲法」とは何か(日本古来の「憲法」と欧米のNEW「憲法」
「アメリカ合州国憲法」と「大政奉還建白書」
誤解だらけの「平和主義」
誤解だらけの「民主主義」
誤解だらけの「立憲主義」)
第3章 日本の近代憲法―「大日本帝国憲法」と「日本国憲法」はどう作られたのか(成立過程―「大日本帝国憲法」
成立過程―「日本国憲法」)

おすすめコメント

「近代憲法」誕生以前から、日本は民主的で平和な国だった! 護憲派も改憲派も教えない“憲法の常識”がわかる一冊。

著者紹介

西村 幸祐 (ニシムラ コウユウ)  
批評家・作家・ジャーナリスト、一般社団法人アジア自由民主連帯協議会副会長。昭和27年東京生まれ。慶應義塾大学在学中より「三田文学」編集担当。「ニューミュージック・マガジン」(現「ミュージック・マガジン」)、音楽ディレクター、コピーライターを経てF1やサッカーを取材、執筆活動を開始。2002年日韓W杯後は歴史認識や拉致問題を取材、執筆。「撃論ムック」「ジャパニズム」を創刊、編集長を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)