• 本

天皇の旅と寄り道

ベスト新書 571

出版社名 ベストセラーズ
出版年月 2018年2月
ISBNコード 978-4-584-12571-7
4-584-12571-6
税込価格 1,029円
頁数・縦 335P 18cm

商品内容

要旨

本書は、「行幸」、つまり「御所からのお出まし・お出かけ」に焦点を当てている。天皇個人の人となりは勿論、そのときの具体的行動から、歴史の襞の裏側を探ろうとするものである。この本では私たちが親しんでいる昭和天皇と今上天皇を取り上げた。その足跡をたどれば、幼くして「将来の天皇」という重い運命を引き受けた二人が、どのように時代と格闘したかがわかるだろう。巻末資料は、『昭和天皇実録』や側近の日記、その他の資料から再構成している。歴史年表と見比べるとなかなか興味深いし、思わぬ発見ができるはずである。

目次

第1章 祈りと癒しの旅
第2章 大元帥陛下の旅
第3章 戦後復興の旅
第4章 離宮と御用邸の歴史
第5章 鉄道・地図と趣味
第6章 映画・テレビと日常
巻末資料

おすすめコメント

2019年に退位なさる今上天皇。戦後には象徴として各地を巡幸した昭和天皇。お二人の足跡をたどるとともに、映画・相撲観覧歴から、実録にも掲載されなかった秘話まで。天皇陛下の素顔が見える本。

著者紹介

竹内 正浩 (タケウチ マサヒロ)  
1963年、愛知県生まれ。文筆家、歴史探訪家。地図や鉄道、町歩き、近現代史研究をライフワークとする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)