• 本

ビタミンC点滴と断糖療法でガンが消える!

ベスト新書 594

出版社名 ベストセラーズ
出版年月 2018年12月
ISBNコード 978-4-584-12594-6
4-584-12594-5
税込価格 946円
頁数・縦 229P 18cm

商品内容

要旨

ガン細胞は正常細胞の数倍ものブドウ糖を取り込み、ビタミンCはそのブドウ糖の化学構造と酷似している。断糖食事療法をしながらビタミンCを点滴すれば奇跡は起きるのではないか―奇跡は起きた。その治療で余命3か月の末期の転移性のガンが消えた。2007年からはじめて11年、いまや著者の治療は、患者はもとより専門医からも「納得できる治療法」として認められている。本書は超高濃度ビタミンCと断糖療法で多くのガン患者の命を救った医師と患者たちの真実の記録である。

目次

第1章 末期ガンも完治した!奇跡の治療レポート(全国からガン患者が集まる小さなクリニック
精神科医の僕が、ガン治療を始めるまで ほか)
第2章 なぜビタミンC点滴が「ガンを殺す」のか?(ビタミンC点滴の受難の歴史
ビタミンCは「ガン細胞を殺す」 ほか)
第3章 ガンを治したければ、糖を断て!(ガンは「糖質」を食べて増殖する
断糖療法の第一人者に学ぶ ほか)
第4章 「ガン」だけじゃない!ビタミンC点滴と断糖で健康になる(「まるで万能薬」のビタミンC点滴
人間はビタミンCを体内合成できない ほか)
第5章 ガンにならない食べ方、考え方(現代人は「消化力」が弱っている
消化力が落ちると「オージャス」が失われる ほか)

おすすめコメント

超高濃度ビタミンC点滴を断糖食事療法と組み合わせたら、とんでもないことが起きた! これはガン治療の革命だ! 死の宣告から救った医師と甦った患者たちの医療レポート。 著者:西脇俊二先生は映画・テレビドラマの医療監修も多数手掛けている。

著者紹介

西脇 俊二 (ニシワキ シュンジ)  
医師。ハタイクリニック院長。弘前大学医学部卒業。1991年、国立国際医療センター精神科。92年、国立精神・神経センター精神保健研究所研究員。96年、国立秩父学園医務課医長。大石記念病院、皆藤病院勤務を経て、2009年、ハタイクリニック院長就任。10年、European University Viadrina非常勤講師。テレビ出演やドラマ、映画の医療監修でも活躍。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)