• 本

経済で読み解く明治維新 江戸の発展と維新成功の謎を「経済の掟」で解明する

出版社名 ベストセラーズ
出版年月 2016年4月
ISBNコード 978-4-584-13723-9
4-584-13723-4
税込価格 1,200円
頁数・縦 285P 18cm

書籍ダイジェスト配信サービス SERENDIP 厳選書籍

要旨

歴史の教科書や一般的なイメージ上の「江戸時代」は、身分制度のもと、貧しい農民が厳しく年貢を取り立てられるなど苦しい生活を送っている、といったものだろう。だが、本書の著者は、それは明治新政府が自らの“統治の正当性”を国民に浸透させるために植えつけた、自虐的な「貧農史観」であると指摘する。実際には、江戸時代に日本経済は飛躍的な発展を遂げ、貨幣制度、物流システム、市場経済まで、当時のヨーロッパ諸国にも見劣りしなかったのだという。なぜこの高い経済力を徳川幕府は生かせなかったのだろうか? 本書では、幕藩政治の限界や明治維新の必然性を説きながら江戸時代の社会経済を分析、“歴史の常識”の見直しを図っている。著者は経済評論家。2007年に勝間和代氏と株式会社「監査と分析」を設立し、代表取締役を務める。
※要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。
以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2016年05月13日]

商品内容

要旨

江戸時代の日本は“世界最強”の「資本主義」の国だった!“世界史の奇跡”と言われる、「明治維新」とはいったい何だったのか?江戸幕府のマクロ経済政策から百姓のビジネスモデルまで、維新前史を“経済的視点”で描く―「経済」がわかれば、「日本」がわかる!!

目次

第1部 飛躍的に発展していた「江戸時代の経済」(「貧農史観」を捨てよ!
なぜ江戸幕府はいつも「財政難」なのか?)
第2部 資本主義を実践していた「大名」と「百姓」(大名と百姓のビジネス
借金苦に喘ぐ大名、アイデアに溢れる商人)
第3部 なぜ江戸幕府は“倒産”したのか?(「民間の活力」を生かせなかった江戸幕府
「明治維新」に必要だった、薩摩藩の“リアリズム”と長州藩の“狂気”)

おすすめコメント

IS掃討作戦から欧州は火の海へ!そして米国分裂から超ド級の世界大不況へ。メディアが決して教えない世界の金と力の動きを全暴露!

著者紹介

上念 司 (ジョウネン ツカサ)  
1969年、東京都生まれ。中央大学法学部法律学科卒業。在学中は1901年創立の弁論部・辞達学会に所属。日本長期信用銀行、臨海セミナーを経て独立。2007年、経済評論家・勝間和代と株式会社「監査と分析」を設立。取締役・共同事業パートナーに就任(現在は代表取締役)。2010年、米国イェール大学経済学部の浜田宏一教授に師事し、薫陶を受ける。金融、財政、外交、防衛問題に精通し、積極的な評論、著述活動を展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)