• 本

震度7 何が生死を分けたのか 埋もれたデータ21年目の真実

出版社名 ベストセラーズ
出版年月 2016年11月
ISBNコード 978-4-584-13747-5
4-584-13747-1
税込価格 1,544円
頁数・縦 212P 19cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

阪神・淡路大震災で当日亡くなられた5036人の検案書。21年間埋もれていた一人ひとりの死の記録。私たちに残してくれたのは、次の大地震から命を守るためのメッセージでした。NHKスペシャル取材班渾身の書き下ろしドキュメント。

目次

序章 5036人の死―そこには救えた命があった
第1章 命を奪う「窒息死」の真相―地震発生直後
第2章 ある大学生の死―繰り返される悲劇・進まない耐震化
第3章 時間差火災の脅威―地震発生から1時間後以降
第4章 データが解き明かす通電火災21年目の真実
第5章 通電火災に備えよ
第6章 渋滞に奪われた命―地震発生から5時間後以降
第7章 いまだ進まない根本的対策

おすすめコメント

都市直下型地震で命はどう奪われたのか。阪神・淡路大震災5,036人の死体検案書を克明に検証。大地震から命を守る対策に迫る。