• 本

世界のミシュラン三ツ星レストランをほぼほぼ食べ尽くした男の過剰なグルメ紀行

出版社名 ベストセラーズ
出版年月 2017年10月
ISBNコード 978-4-584-13814-4
4-584-13814-1
税込価格 1,350円
頁数・縦 256P 19cm

商品内容

要旨

祖父は政治に「全財産」をかけた志士藤山愛一郎元外務大臣、ボクはフツーのサラリーマン。でも、胃袋に落とし込んだ総額6000万円!28年間ミシュラン三ツ星店を「制覇」し続ける!日本のサラリーマンが全人生をかけた美食への執念。

目次

序章 新三ツ星に行ってきた
第1章 ミシュランって、なんだ
第2章 僕が「食べ歩き」にはまった理由
第3章 三ツ星レストラン忘れられないあの味
第4章 消えた三ツ星物語
第5章 これまで誰も書けなかったミシュラン最大の謎―アンタッチャブル三ツ星
第6章 日本の三ツ星を食べ歩いてわかったこと
付録 2017年版世界の『ミシュランガイド』三ツ星レストラン全119軒リスト

おすすめコメント

サラリーマンでありながら、2016年のミシュラン三ツ星店115軒中、113軒のお店の料理を食べてきた著者が、見たこと感じたこと、食のマナー、驚きの体験、世界の食の不思議まで語り尽くした爆笑エッセイ。これまでにかかった費用も全部公開します!

著者紹介

藤山 純二郎 (フジヤマ ジュンジロウ)  
東京出身。幼稚舎、普通部、高校、大学と慶應義塾で学ぶ。祖父は日本商工会議所会頭や初代日本航空会長も務め、岸信介内閣の外相で大活躍した藤山愛一郎。純二郎は普通のサラリーマン。料理評論家の山本益博氏の薫陶を受け、89年から『ミシュランガイド』(ミシュラン社)を片手に現在まで28年間、世界の三ツ星レストランを食べ歩き、全119店中、114店を制覇(2017年9月現在)。三ツ星の美食を「胃袋に」収める。『ダイブル―山本益博の東京横浜近郊たべあるき』(昭文社)を95年版から01年版まで記者として参加(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)