• 本

もう、きみには頼まない 安倍晋三への退場勧告

時代への警告

出版社名 ベストセラーズ
出版年月 2018年11月
ISBNコード 978-4-584-13891-5
4-584-13891-5
税込価格 1,404円
頁数・縦 213P 19cm

商品内容

要旨

『新潮45』廃刊をめぐる騒動の中、その原因をつくった文芸評論家を自称する小太りの男(五一歳)の正体が次々と明らかになり、瞬く間に表舞台から消えていった。彼と一緒に「活動」していた安倍応援団の仲間たちは、我先にと逃走。ゴキブリは逃げ足が速い。問題は、こうした連中に小遣いを与えている勢力だろう。日本社会の病の根はつながっている。「時代への警告」シリーズ第四弾にあたる本書では、主に出版業界のモラルの低下をとり上げた。また、ジャーナリストの菅野完氏との対談では、「安倍化する日本、橋下化する社会」と題して、現在の日本の末期症状を描写した。最後に安倍晋三にひとこと言っておきたい。もう、いいよ。

目次

第1章 『新潮45』廃刊をめぐる考察(杉田原稿の余波
便所の落書きは消すもの ほか)
第2章 安倍化する日本、橋下化する社会(横山ノックの深慮遠謀
プロパガンダの力 ほか)
第3章 没落する時代に読むべき本(中野剛志『日本の没落』
西部邁『思想の英雄たち』 ほか)
第4章 もう、きみには頼まない(政治家は主張より人格、物書きは人格より主張
豊かな精神を得るのに五世紀はかかる ほか)
第5章 粗にして野だが卑でしかない(ホラ吹きに世界一フレンドリーな国
デマゴーグや嘘つきとは戦え ほか)

おすすめコメント

「粗にして野だが卑でしかない」総理・安倍晋三は日本社会を壊しすぎた。その内実とは? ジャーナリスト菅野完氏と緊急対談も所収。

著者紹介

適菜 収 (テキナ オサム)  
1975年山梨県生まれ。作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)