• 本

誰かが私をきらいでも

出版社名 ベストセラーズ
出版年月 2019年1月
ISBNコード 978-4-584-13898-4
4-584-13898-2
税込価格 1,512円
頁数・縦 190P 19cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

悪口も言われないような人になりたくないわ。だって「きらい」のほとんどは嫉妬と羨望でできている。悪口言われたりきらわれたりするのは、それだけ目立ってるってことだし頑張ってるってこと。他人の悪口陰口にいちいち傷つくのは人生の損。幸せかどうか、今のままの自分でいいか。ぜーんぶ自分が決めればいいことよ。

目次

第1章 「人生」が楽になる大事なお話(きらわれることを恐れなければ気持ちは楽になる
自分が好きな「自分」であればいい ほか)
第2章 「恋愛」で疲れたときの大事なお話(恋愛で我慢ができるなら、小説や映画、歌はいらないものになる
一緒にいて心地よい要素(1)「言語感覚」 ほか)
第3章 「仕事とお金」で失敗しない大事なお話(人生に無駄はない
何かを始める動機は「好きだから」でいい ほか)
第4章 インスタ映えしない人生。だから楽しい―対談 中村うさぎ×及川眠子(「インスタ映えしない人生」をさらけ出す私たち
ちょっと傷ついたくらいで「トラウマ」と言うんじゃない! ほか)

おすすめコメント

仕事、恋愛、友人関係、才能、嫉妬、裏切りなど、女子なら誰でも経験する「自分が傷つく体験」の乗り越え方とは? 20代30代女性に贈る「生き方指南書」です。著者は『新世紀エヴァンゲリオン』主題歌『残酷な天使のテーゼ』の作詞家として知られる、人気エッセイストの及川眠子さん

著者紹介

及川 眠子 (オイカワ ネコ)  
作詞家。1960年2月10日生まれ。和歌山県出身。85年、三菱ミニカ・マスコットソング・コンテスト最優秀賞作品、和田加奈子『パッシング・スルー』でデビュー。Wink『淋しい熱帯魚』(第31回日本レコード大賞受賞)、『新世紀エヴァンゲリオン』主題歌・高橋洋子『残酷な天使のテーゼ』(2011年JASRAC賞金賞受賞)等ヒット曲多数。数々の歌い手に詞を提供するとともに、映画やミュージカルの作詞や訳詞、舞台の構成、CMソング、アーティストのプロデュース、エッセイやコラム等の執筆、講演活動なども行なっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)