• 本

自民党の消滅

出版社名 ベストセラーズ
出版年月 2020年7月
ISBNコード 978-4-584-13968-4
4-584-13968-7
税込価格 1,760円
頁数・縦 325P 19cm

商品内容

要旨

現在の日本の非常事態、あるいは「非常事態に対応できない政府」という問題の背後には、グローバリズムによる「改革=政府の機能削減」がある。この真実を国民が共有しない限り、たとえ今回の危機を運よく(首尾よく、ではない)切り抜けたとしても、すぐに「次なる危機」が日本国を襲い、国民を殺すでしょう。

目次

第1章 亡国の政党(一つ目の衝撃
二つ目の衝撃 ほか)
第2章 個人の権利と民主制(ロビンソン・クルーソーの権利
FREEDOMとLIBERTY ほか)
第3章 共同体と民主制(生存の共同体
安全保障の共同体 ほか)
第4章 民主制と国家(民主制とナショナリズム
ブレグジット ほか)
第5章 自民党の消滅(文明のマトリクス
日本の建国 ほか)

おすすめコメント

1955年の自由民主党誕生から現在の安倍政権まで、自民党が本来あるべき民主政治からかけ離れていった歴史的経緯と、機能不全に陥っている背景を解説。同時に、連帯や相互扶助の精神を忘れつつある日本人の意識にも触れ、本来あるべき民主制の姿について一考を投じます。かつて高度経済成長を牽引し戦後の日本をリードしてきた政党と、日本の民主制の未来を問う一冊です。YouTube『新・経済世民新聞』(チャンネル登録22万人)、twitterフォロワー10万、メルマガ登録1500人などで人気の保守論客が満を持して放つ自民党亡国論です。

著者紹介

三橋 貴明 (ミツハシ タカアキ)  
1969年熊本県生まれ。経世論研究所所長。東京都立大学経済学部卒業。2007年、インターネットの公開データの詳細な分析によって、当時好調だった韓国経済の脆弱さを指摘し、大反響を呼ぶ。これが『本当はヤバイ!韓国経済』(彩図社)として書籍化され、ベストセラーとなる。その後も話題作を発表し続けると同時に、雑誌への寄稿、各種メディアへの出演、全国各地での講演会などで注目を集めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)