• 本

美囚交歓

ベストセラーズ文庫 P277 新・美肉の冥府 2

出版社名 ベストセラーズ
出版年月 2015年10月
ISBNコード 978-4-584-39377-2
4-584-39377-X
税込価格 1,078円
頁数・縦 312P 15cm

商品内容

要旨

高校教師・円地槇子はPTA会長の佐原周造に処女を奪われ写真を撮られてしまった。息子で担任の雄一が下級生の眉子を輪姦したことの口封じのためだった。傷ついた槇子は以前から求愛されていた同僚の工藤丈士に体を与えてしまう。だが槇子の煮え切らない態度に、丈士は友人のヨガ教師・唐沢竜也に助けを求めるが、彼の嗜虐的な女体篭絡術を見せられ征服欲を滾らすのだった。一方、周造の秘密部屋「阿房宮」で父親と槇子の情事を盗み見た雄一は自分の女となった眉子とのスワップを父親にもちかける。教え子に犯された槇子は…。巨匠執着の問題作!

おすすめコメント

PTA会長・佐原の秘密部屋「阿房宮」で繰り広げられる担任教師とのサジスチックな情事を覗き見た息子の雄一は父親に自分の女・眉子を交えたスワッピングを申し入れる。やがて抗い難い官能の渦に巻き込まれていく……。

著者紹介

千草 忠夫 (チグサ タダオ)  
生年月日、経歴などは不詳。『奇譚クラブ』の読者懸賞小説に応募し、1960年に「雌雄」で鮮烈なデビューを飾る。以後、数々の雑誌において「九十九十郎」「珠洲九」「乾正人」などの筆名で次々と話題作を発表。「千百蘭」の名でイラストも描いた。三五年間の執筆活動で中短編(二〇〇枚未満)三三〇、長編一二〇以上という旺盛な執筆活動を展開。その流麗な筆致と残酷なまでの被虐美の追求が熱烈に支持された。1995年1月没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)