• 本

ウォー・ギルト・プログラム GHQ情報教育政策の実像

出版社名 法政大学出版局
出版年月 2018年8月
ISBNコード 978-4-588-32134-4
4-588-32134-X
税込価格 5,616円
頁数・縦 277,17P 22cm

商品内容

要旨

日本人はGHQに「洗脳」されたのか?太平洋戦争の真実を教え、戦争の有罪性を自覚させようとした占領政策の成功と挫折。膨大な史料に基づき、江藤淳らの従来の説に修正を迫る意欲作。

目次

序章 「ウォー・ギルト・プログラム」とは何か
第1章 日本人を知る
第2章 「軍事的な完全敗北」を認識させる
第3章 「残虐行為」を理解させる
第4章 「戦争の真実」を提示する
第5章 東京裁判判決を受け入れさせる
第6章 原爆投下に向きあう
終章 「ウォー・ギルト・プログラム」の意義と評価

著者紹介

賀茂 道子 (カモ ミチコ)  
早稲田大学教育学部卒業、名古屋大学大学院環境学研究科博士後期課程修了。博士(法学)。現在、名城大学非常勤講師。専門は、日本政治外交史、占領史研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)