• 本

まさかの結末 ショート・ショート・ストーリー

扶桑社ミステリー ハ29−1

出版社名 扶桑社
出版年月 2006年8月
ISBNコード 978-4-594-05211-9
4-594-05211-8
税込価格 734円
頁数・縦 245P 16cm

商品内容

要旨

ベストセラー作家が贈る、世にも奇妙なショートショート集、登場!物語のはじまりは、ごくふつうの風景。それがねじれていき、やがて、皮肉な笑いと、背筋が寒くなる幕切れが訪れる―TVの超人気番組の出演者に選ばれた若者の悲喜劇『死者の挨拶』。たがいの眼球を提供しあう約束をした男たちの悲惨な運命『目には目を』など、全24編を収録。ミステリーからホラーまで、歴史小説から神話まで、趣向を凝らし、バラエティに富んだ味わいをお楽しみいただけます。

おすすめコメント

クスッと笑えて、あとからこわくなる…。鬼才が贈る、傑作ショートショート集。 はじまりは、なんということのない、ふつうの風景。それが奇妙にねじれ、皮肉な笑いと背筋が寒くなる幕切れが訪れる――。本書は、ドイツのベストセラー作家がつむぎあげた、24編のショートショート集。ミステリーからホラーまで、歴史小説から神話まで、バラエティに富んだ味わいをお楽しみあれ!

著者紹介

ハイネ,E.W. (ハイネ,E.W.)   Heine,E.W.
ドイツ・ベルリン生まれ。建築家として、南アフリカやアラビア諸国で暮らす。ショートショート集のほか、歴史小説を執筆し、ベストセラーとなっている。現在はバイエルン州在住
松本 みどり (マツモト ミドリ)  
英米独文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)