• 本

路上の事件

扶桑社ミステリー コ12−2

出版社名 扶桑社
出版年月 2007年7月
ISBNコード 978-4-594-05417-5
4-594-05417-X
税込価格 1,100円
頁数・縦 607P 16cm

商品内容

要旨

1953年、作家を夢見る青年は、放浪の旅に出た。観察し、学び、書くために。ところが、浮浪者と間違われて逮捕され、収容所に入れられてしまった。それをきっかけに、彼は予想もしない犯罪に次々巻きこまれることになる。メキシコ国境、ラスヴェガス、そして、サンフランシスコ…からみあう人間模様がさまざまな事件を呼び、すべてがもつれあって、危険な謎へと導いていく。青春の彷徨が、いま、ひとつの探偵小説に結実する―現代を代表するハードボイルドの巨匠ゴアズが、追憶をこめて描く名品。

著者紹介

ゴアズ,ジョー (ゴアズ,ジョー)   Gores,Joe
1931年、ミネソタ生まれ。文学修士号を取得。さまざまな職につき、軍隊やケニアで英語教師も経験する。サンフランシスコで12年にわたって私立探偵として活動。デビュー作『野獣の血』でMWA新人賞に輝き、同じ年に短編賞も受賞。また『刑事コジャック』の脚本でMWA賞のTV部門も受けた
坂本 憲一 (サカモト ケンイチ)  
1944年生まれ。東京大学文学部フランス文学科卒。美術書の編集者を経て、英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)