• 本

溶けゆく日本人

扶桑社新書 027

出版社名 産経新聞出版
出版年月 2008年6月
ISBNコード 978-4-594-05681-0
4-594-05681-4
税込価格 756円
頁数・縦 215P 18cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

あなたのミーイズムが日本を滅ぼす!救急車をタクシー代わりに。既婚なのに小遣い「もらって当然」感謝なし。乱れる性行動「間が持たぬ」と相手かえ。文化財の景観変える恥の刻印。電車は自分の部屋?の自己中心etc.「恥」を忘れた日本人の醜い姿、姿。

目次

第1章 モラル破壊の惨状(携帯の奴隷―議場でメール、注意も無視
子供以下の親―身勝手な論理、平然と ほか)
第2章 過保護が生む堕落(「最高学府」が泣いている―介入してくる親
シュガー社員―ツケを払うのは会社 ほか)
第3章 人間関係の不全(消える「長幼の序」―新人議員、先輩に“ため口”
みんな平等―指導の手段を失う教育現場 ほか)
第4章 快適の代償(待てない人々―数分間でイライラ
“怪物”患者―「治らない」と暴力、暴言 ほか)
第5章 大丈夫か日本語(意味が通じない―最高学府のはずが…なぜ
押し寄せるITの波―知らずとも、それで済む ほか)