• 本

イヌの気持ちがおもしろいほどわかる本

扶桑社文庫 い18−1

出版社名 扶桑社
出版年月 2008年8月
ISBNコード 978-4-594-05740-4
4-594-05740-3
税込価格 607円
頁数・縦 223P 16cm
■立ち読みページを見る (画像をクリックすると大きくなります)
仰向けになっておなかを見せるのは…A

仰向けになっておなかを見せるのは…@

 

商品内容

要旨

イヌが片方の前肢を浮かせて招き寄せるようなしぐさ。「お手したいのかな」とふつうは思ってしまいます。しかし、このしぐさはイヌ特有の「遊んで!」というお誘いのサインなのです。でも、このとき、イヌはちゃんと「お手」をします。イヌには飼い主に従順でいたいという気持ちが強くあるからです。自分の気持ちと飼い主の気持ちがズレていても、ガマンしてしまうのです。ですから飼い主は、イヌの気持ちを察し、理解してあげることがとても大事なのです。本書は、イヌの気持ちを読み取るヒントが一杯つまっています。

目次

第1章 うちのコ、何をしてほしいの?―しぐさから知るイヌの気持ち(仰向けになっておなかを見せるのは服従の意味だけじゃない!?
片足で「おいでおいで」をするのは「お手、したい」ってこと?
叱っているのに、突然大あくびされた!これって飼い主をナメてる? ほか)
第2章 うちのコ、どうしちゃったの!?―よくあるイヌの困った行動(お出迎えは嬉しいけどなんで毎回オモラシしちゃうの?
自分のウンチを食べちゃった!ドッグフードと勘違いしてる?
留守中に家の中の家具がめちゃくちゃ…今まで留守番できていたのになぜ? ほか)
第3章 うちのコだけじゃないんだ!―どうにもやめられないイヌのクセ(ひたすら穴を掘っているときの気持ちって?
ウンチのあとに土をかけようとするのは隠すためじゃない?
どうして散歩のときあちこちの電柱にオシッコするの? ほか)

おすすめコメント

飼っている人全員の願望は、イヌともっと意思疎通をしたいということだろう。本書では家族の一員であるイヌのココロを、しぐさや鳴き声などイヌの行動から詳細に読み取るノウハウを紹介する。よくある実用書のペットの買い方ではない、本書は、しゃべらないイヌの気持ちが、面白いようにわかる本なのである。