• 本

学校では教えない歴史の「その後」

扶桑社文庫 れ1−5

出版社名 扶桑社
出版年月 2009年8月
ISBNコード 978-4-594-06024-4
4-594-06024-2
税込価格 649円
頁数・縦 253P 16cm

商品内容

要旨

歴史の授業で、坂本龍馬といえば、醤油商の近江屋で暗殺されたなどと事実だけを教えられる。しかし、歴史はその一瞬で終わるわけではない。坂本龍馬には突然に未亡人となってしまったお龍という伴侶がいた。彼女に課せられた数奇な運命は、まぎれもなく龍馬暗殺の「その後」の歴史の一部である。教科書に載っている歴史は断片にすぎない。じつは、教えられた歴史の「その後」こそ、人間味のあふれたエピソードに彩られているのである。本書では、歴史人物の後半生や歴史事件後の顛末を追跡した。そこには、驚くような数奇な人生が続いていたのである。

目次

第1章 意外な展開―かつての敵・西郷隆盛の遺児支援に奔走した勝海舟
第2章 翻弄される人生―大ベストセラー作家になるも、超極貧生活を強いられていた滝沢馬琴
第3章 豊穣なる終焉―肉欲の苦しみに悩んだ末、齢八十間近盲目の女性に安楽を見つけた一休和尚
第4章 消えない異説―平泉で自刃したはずが、生き延びて北海道に渡っていた!?源義経
第5章 鮮やかな変貌―新撰組最強の剣士、斎藤一維新後は、なんと警察官に転身!
第6章 悲しき運命―三度目の蒙古来襲に備える激務に追われ、過労死した北条時宗