• 本

美しき罪びと

扶桑社ロマンス ヒ8−3

出版社名 扶桑社
出版年月 2010年8月
ISBNコード 978-4-594-06250-7
4-594-06250-4
税込価格 922円
頁数・縦 378P 16cm

商品内容

要旨

ラムスカー伯爵は“高貴な野蛮人”の異名をとる青年貴族。彼はいま妹メレディスの行く末を案じていた。幼い日に受けた火傷のあとを気にして閉じこもりがちの妹に、人並みの幸せを与えてやりたい。一計を案じたラムスカーは妹の付添役を雇うことにする。相手に選んだのは旅芸人一座の女優ペイシャンス。女神のような美貌と才知を併せ持った彼女に伯爵は急速に惹かれてゆくが、ペイシャンスには知られざる過去と秘密があった…。冴えた官能描写と情熱的な作風で人気の著者が贈る、話題の最新作。

著者紹介

ピアス,バーバラ (ピアス,バーバラ)   Pierce,Barbara
2000年のデビュー後、現在までに9冊のヒストリカルを執筆。『汚された令嬢』でロマンティック・タイムズ誌の選ぶ2006年度のベスト官能ヒストリカル部門にノミネート。翌年、続編『汚れなき悪女』(いずれも扶桑社ロマンス)で同賞を見事受賞。官能的かつドラマティックな作風で本国では高い人気を得ている。現在夫と三人の子供とともにアトランタ近郊に在住
文月 郁 (フミズキ イク)  
日本女子大卒。幼少時代を欧州で過ごし、結婚後、翻訳の勉強を始める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)