• 本

処女芸人

出版社名 扶桑社
出版年月 2012年12月
ISBNコード 978-4-594-06732-8
4-594-06732-8
税込価格 1,296円
頁数・縦 199P 19cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

31歳、身も心も正真正銘の乙女。非モテをこじらせまくった青春を綴る、笑いと涙の存在証明エッセイ。

目次

第1章 小学校時代―輝ける日々
第2章 中学校時代―ブスのめざめ
第3章 高校時代―演劇だけが青春
第4章 大学時代―やさぐれ一直線
第5章 フリーター時代―夢やぶれて
第6章 芸人時代―それでも、生きていく
特別収録 ブス芸人人生相談

出版社・メーカーコメント

お笑いコンビ「たんぽぽ」として『めちゃイケ』などで活躍し、また最近では大ヒットドラマ『梅ちゃん先生』に女優として出演を果たした白鳥久美子。そんな彼女は、御年31歳にして、今まで誰とも付き合ったことがないことを公表しています。もちろんセックス経験などもってのほか、正真正銘の「処女芸人」です。彼女はいかにモテない人生を送ってきたのか? 純真無垢な小学時代から、自分がモテないことに気づいた中高時代、やさぐれた大学時代、芸人としてブレイクを果たした現在まで、珠玉の非モテエピソードを厳選。「詩を書くことが趣味」という文学少女ぶりを発揮し、本人が全身全霊で執筆しています。こじらせ系女子はもちろん、恥ずかしい青春を過ごしたことがある人なら誰でも「あるある〜!」と共感できること必至。相当笑えてちょっぴり泣ける、白鳥久美子の存在証明的な一冊です。

著者紹介

白鳥 久美子 (シラトリ クミコ)  
1981年12月11日生まれ。川村エミコとともにお笑いコンビ「たんぽぽ」として活動。またドラマ『梅ちゃん先生』に出演するなど、女優としても活動の幅を広げている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)