• 本

「赤色」を食べると若返る!

出版社名 扶桑社
出版年月 2013年5月
ISBNコード 978-4-594-06815-8
4-594-06815-4
税込価格 1,404円
頁数・縦 178P 19cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

だからあの人は若いのか!?知られざる「アスタキサンチン」の驚異の効果!サケ、小エビ、イクラを食べよ。

目次

序章 なぜ、「あれ」は「赤色」なのか?
第1章 健康は食べ物の「赤色」が握っていた!
第2章 色彩豊かなものを食べれば病気にならない
第3章 見た目が若ければ、からだの中も若い!「食生活習慣」のすすめ
第4章 病気知らずの血管と細胞をつくる「日常のクセ」
終章 病気と老化を防ぐ最新の秘策・「医農革命」とは

著者紹介

吉川 敏一 (ヨシカワ トシカズ)  
医学博士。1973年、京都府立医科大学卒業。米国ルイジアナ州立大学、東京大学先端科学技術研究センターの客員教授を経て、2000年、京都府立医科大学第一内科学教室教授。現在、京都府立医科大学学長。日本酸化ストレス学会名誉理事長。アグロメディカル・イニシアティブ理事長。フリーラジカル研究をリードする世界的権威として知られる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)