• 本

赤い中国消滅 張子の虎の内幕

扶桑社新書 153

出版社名 扶桑社
出版年月 2013年12月
ISBNコード 978-4-594-06953-7
4-594-06953-3
税込価格 864円
頁数・縦 263P 18cm

商品内容

要旨

文化大革命、天安門事件、投獄、そして亡命…激動の中国を生き抜いた筆者だからこそ知り得た真実をすべて記す。

目次

第1章 私の物語 苦難を乗り越えた民主化の闘士(幼少期の思い出3歳で決まった一生
上海が震撼した私の誕生日
私と天安門事件
看守所 墓場に生き埋めにされる
獄中の一通の手紙 ほかに選択肢はない
亡命への道 遙かなる故国)
第2章 赤い中国 その落日(尖閣諸島 北京の折り重なる思惑
最大の国家機密 腐敗が最高潮に達する人民解放軍
見せかけだけの張り子の虎 人民解放軍
国家主席の座を狙っていた薄煕来
習近平 利益集団の傀儡
破滅に瀕した経済神話
民俗主義 中国共産党最後のカード)

著者紹介

陳 破空 (チン ホーコー)  
1963年四川省生まれ。上海同済大学在学中に学生運動の中心メンバーとして天安門事件に参加。2度の投獄を経てアメリカに亡命。現在はニューヨーク在住。2009年に共産党の内部事情を鋭く描いた『中南海厚黒学』、中国とアメリカについて書かれた『もし中米が開戦したら』がともに香港、台湾でベストセラーに。ほかにも著書多数。テレビやラジオのコメンテーターとしても活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)