• 本

やさしく極める焼肉虎の巻

扶桑社文庫 ま14−2

出版社名 扶桑社
出版年月 2015年4月
ISBNコード 978-4-594-07180-6
4-594-07180-5
税込価格 638円
頁数・縦 231P 16cm

商品内容

要旨

焼き方、食べ方、美味しいお店の見つけ方。焼肉を美味しく食べる「ワザ」75編。

目次

第1章 極上の味に引き上げる焼き技23(「焼肉店ではいつも30%損をしている!」とはどういうことか
焼きの基本は「強火の遠火」と覚えておく ほか)
第2章 焼肉の美味しさを100%引き出すために(お肉は生肉と内臓肉という大きく2つに分かれることを知っておく
実は、カルビとは牛肉の正式部位名ではない ほか)
第3章 美味しい焼肉店の見つけ方(月曜日の焼肉店は最悪の選択
初めての店なら並カルビをまず頼む ほか)
第4章 最後まで美味しく食すオーダーの法則(カルビ系かホルモン系か?メニューから店の得意をつかむ
「とりあえずキムチ」のオーダーは絶対してはいけない! ほか)
第5章 おうちで焼肉を美味しく楽しむ(おうち焼肉というイベントを主催する
精肉店で上等なお肉を選ぶ眼力を養え ほか)
巻末特集 ブランド和牛の語れるウンチク集

著者紹介

松岡 大悟 (マツオカ ダイゴ)  
1975年、熊本県生まれ。「なるべく美味しいものを、できる限り安く、心ゆくまで食べて死ぬ」を目標に、各地で放浪取材を続ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)