• 本

「小事」が大事を生む

出版社名 扶桑社
出版年月 2015年5月
ISBNコード 978-4-594-07260-5
4-594-07260-7
税込価格 1,512円
頁数・縦 197P 19cm

商品内容

要旨

「一流」ほど、小さなこと細かなことに気づく。「感じる力」こそ、すべての成功につながる。球界随一の知将が、「勝てる仕事の技術」を伝授!

目次

第1章 私の野球観―「小事」が大事を生む
第2章 「小事」の源流
第3章 「大事」を導く三つのポイント
第4章 リーダーの成長が「組織の力」になる
第5章 セオリーを無視する成功とは
第6章 野球の原点は「頭」にあり

出版社・メーカーコメント

「一流」の条件とは何か?球界随一の知将が「勝てる仕事の技術」を伝授 「木を見ず森を見よ」と言われるが、実は「一流」ほど、どんなに些細なことでも確認を怠らず、小さなこと細かなことに気づく…「感じる力」こそ、すべての成功につながる!

著者紹介

野村 克也 (ノムラ カツヤ)  
1935年、京都府生まれ。1954年、京都府立峰山高校を卒業し、テスト生として南海ホークスに入団。入団3年目からレギュラーに定着し、4年目にして本塁打王となる。1965年、戦後初の三冠王となる。MVP5度、首位打者1度、本塁打王9度、打点王7度、ベストナイン19度、ゴールデングラブ賞1度など、数々の偉業を成し遂げ、不動の正捕手として南海の黄金時代を築いた。1970年、南海ホークス選手兼任監督に就任。1973年、パ・リーグ優勝。1980年、45歳で現役引退する日まで、「生涯一捕手」を貫徹した。通算成績2901安打、通算本塁打657本、通算打点1988。打率・277。1989年、野球殿堂入り(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)