• 本

適応力

扶桑社文庫 は9−1

出版社名 扶桑社
出版年月 2015年8月
ISBNコード 978-4-594-07316-9
4-594-07316-6
税込価格 660円
頁数・縦 257P 16cm

商品内容

目次

1章 「豊富な経験」をどう役立てるか(経験こそが智恵と強い精神力を生む
結果だけにとらわれず、内容を重視する ほか)
2章 「不調の時期」をどう乗り越えるか(時間を有効に使うための、さまざまな方法
「基本」がなぜ、大切なのか ほか)
3章 「独自の発想」をどう活かすか(お酒に頼らず、しっかり眠るために
無理に「プラス思考」を続けない ほか)
4章 「変化の波」にどう対応するか(仕事の軌跡・記録を残すということ
たった一つの“歩”が勝負を決める理由 ほか)
5章 「未知の局面」にどう適応するか(自分の個性を発揮する際の問題点
自分なりの美学を持つということ ほか)

出版社・メーカーコメント

「不調の時期」をどう乗り越え、「変化の波」対応し、「未知の局面」に適応するか?棋士30年目を迎えさらに進化し続ける名人が、実践の中からしか生まれない力の源泉を著す!

著者紹介

羽生 善治 (ハブ ヨシハル)  
1970年、埼玉県生まれ。棋士。棋風は自他共に認めるオールラウンドで幅広い戦法。とくに、終盤に繰り出す妙手は「羽生マジック」と呼ばれ数多のファンを引きつけている。小学6年生で二上達也九段に師事し、奨励会(プロ棋士養成機関)に入会。6級から四段までをわずか3年間で通過。中学3年生で四段。史上3人目の中学生のプロ棋士となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)