• 本

パチンコが本当になくなる日

扶桑社新書 208

出版社名 扶桑社
出版年月 2016年3月
ISBNコード 978-4-594-07440-1
4-594-07440-5
税込価格 821円
頁数・縦 223P 18cm

商品内容

要旨

違法釘問題、ART規制、サブ基板アイス、相次いだメーカーの経営破綻etc.2015年にパチンコ業界を揺るがした数々の出来事。警察、メーカー、ホール、業界団体の思惑が乱れて交錯した舞台裏では何が起きていたのか…そのすべてを暴露する!

目次

第1章 メーカーの落日(相次いだ老舗メーカーの経営破綻
加速する事業撤退と経営統合 ほか)
第2章 釘と警察の混沌(小柳誠二保安課長の行政講和
開店釘と建前論 ほか)
第3章 2015年出玉規制の1年(射幸心とは
繰り返しの歴史 ほか)
第4章 ぱちんこに復活はない(次のシナリオ予測
規則改正後)

著者紹介

POKKA吉田 (ポッカヨシダ)  
1971年大阪府生まれ。ぱちんこ業界紙、遊技機メーカー系シンクタンクを経て、2004年にフリーに。ぱちんこ業界を専門に会員サイトの運営、連載、講演、テレビ出演など多数。2016年2月よりぱちんこ業界紙シークエンスの発行人・編集長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)