• 本

我が名は切り裂きジャック 下

扶桑社ミステリー ハ19−31

出版社名 扶桑社
出版年月 2016年5月
ISBNコード 978-4-594-07472-2
4-594-07472-3
税込価格 972円
頁数・縦 308P 16cm
シリーズ名 我が名は切り裂きジャック

商品内容

要旨

四人の犠牲者が出るにおよび、連続娼婦殺人犯はジャック・ザ・リッパーの名で日夜ロンドンの新聞で報じられることになった。ジェブは、デア教授のプロファイリングによって浮かび上がった犯人像をもとに、容疑者を絞り込み調査を続行するが、やがて事件は思いもかけない展開を見せて…殺人鬼の日記と記者の回想録を交互に並べる構成をとりつつ、独自の新解釈を交えて著者が提示する衝撃の真相とは?巨匠が満を持して挑んだヴィクトリアン・ミステリーの最高峰、ここに登場。

おすすめコメント

ジャック・ザ・リッパーは、私のところにいきなり入り込んできて、自分について書くよう強要してきた。彼は一年のあいだ私を人質にとった。書き上げて出て行ってもらわなかったら、奴は私の首を掻き切っていただろう。スティーヴン・ハンター 四人の犠牲者が出るにおよび、連続娼婦殺人犯はジャック・ザ・リッパーの名で 日夜ロンドンの新聞で報じられることになった。ジェブはデア教授のプロファイリングによって浮かび上がった犯人像をもとに、容疑者を絞りこみ調査を続行するが、やがて事件は思いもかけない展開を見せて…… 殺人鬼の日記と記者の回想録を交互に並べる魅力的な構成。膨大な文献調査と資料批判に基づく緻密な時代考証。現実に知られる証拠の斬新かつあっと驚く新解釈。歴史的事象と物語的虚構のはざまでたゆといながら、やがてハンターが提示する衝撃の犯人像とは? 巨匠が満を持して挑んだヴィクトリアン・ミステリーの最高峰、ここに登場。(解説・三橋曉)

著者紹介

ハンター,スティーヴン (ハンター,スティーヴン)   Hunter,Stephen
1946年ミズーリ州カンザスシティ生まれ。68年ノースウェスタン大学卒業。71年ボルティモアサン紙に入社。書評担当などを経て映画批評担当になる。96年ワシントンポスト紙に転じ、映画批評部門のチーフとなる。2003年ピューリッツアー賞(批評部門)を受賞
公手 成幸 (クデ シゲユキ)  
英米文学翻訳者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)