• 本

邪馬台国は熊本にあった! 「魏志倭人伝」後世改ざん説で見える邪馬台国

扶桑社新書 219

出版社名 扶桑社
出版年月 2016年9月
ISBNコード 978-4-594-07543-9
4-594-07543-6
税込価格 902円
頁数・縦 309P 18cm

商品内容

要旨

古代史最大のミステリーへようこそ。1716年、新井白石の『古史通或問』に始まった邪馬台国論争300年目の新説登場!

目次

第1章 「魏志倭人伝」後世改ざん説
第2章 帯方郡から九州上陸までの道のり
第3章 梯儁の報告書と伊都国
第4章 奴国と不彌国
第5章 陳寿の記した道里と邪馬台国の位置
第6章 旁国 狗奴国 その他の国々

著者紹介

伊藤 雅文 (イトウ マサフミ)  
昭和34(1959)年、兵庫県揖保郡(現たつの市)生まれ。広島大学文学部史学科西洋史学専攻卒業。歴史研究家。全国邪馬台国連絡協議会事務局員。邪馬台国の会会員。全国歴史研究会本部会員。平成27年11月、季刊邪馬台国の論文募集に応募し「伊都国記述に関する新解釈」で、敢闘賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)