• 本

この国を滅ぼすバカとアカ

出版社名 扶桑社
出版年月 2016年12月
ISBNコード 978-4-594-07585-9
4-594-07585-1
税込価格 1,404円
頁数・縦 255P 19cm

商品内容

要旨

週刊SPA!人気連載「ニュースバカ一代」一年分!+朝日新聞観劇記!月刊WiLL(ワック出版)好評連載「あっぱれ!築地をどり」三年分を収録。

目次

1 バカとの闘い(2015・1 朝日新聞コラム「素粒子」の巻 テロ組織が強いる「殺人」と、戦地で敵に向かった英霊を同じという朝日の無知
2015・2 「IS」(イスラム国)日本人人質の巻 安倍首相の訪問を待っていた「イスラム国」とのこれは戦争なのだ
2015・2 続「IS」(イスラム国)日本人人質の巻 同級生は日本随一のイスラム学者。なんとか援護できないものか
2015・2 同性婚条例と憲法の巻 同性婚をめぐる改憲なら、人権にうるさい護憲論者もまさか反対すまい!?
2015・3 成人年齢と少年法の巻 権利と責任は表裏一体。個人情報が拡散する時代に少年法は合わない ほか)
2 朝日新聞と“アカいなかま”たち(2013・3 「ハシシタ」騒動、その後…の巻 一般公開までした差別問題研修は主役不在!?
2013・4 紀元節にいやがらせの巻 天皇、日の丸…嫌いなものはとことん貶める!
2013・5 「貧乏人の味方」は商売のタネの巻 貧困問題(他人の不幸)を上から目線でメッタ斬り!
2013・6 「天声人語」筆者引退の巻 最後まで、上から目線と傲慢は微塵も変わらず…
2013・7 沖縄2紙と豪華共演の巻 主権回復の日に、沖縄の反日左巻きイベントに遠征! ほか)

著者紹介

勝谷 誠彦 (カツヤ マサヒコ)  
1960年、兵庫県尼崎市生まれ。文藝春秋社勤務を経て、コラムニスト、写真家。フィリピン動乱、湾岸戦争、北朝鮮などを取材。フリーに転じてからは食や旅のエッセイ、イラク戦争の取材、社会時評、小説などで健筆を振るう。サンテレビ「カツヤマサヒコSHOW」でMC、CS「ニュース女子」(DHCシアター)にコメンテーターとして出演中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)