• 本

スターバックスで普通のコーヒーを頼む人を尊敬する件

syunkon日記

出版社名 扶桑社
出版年月 2016年11月
ISBNコード 978-4-594-07594-1
4-594-07594-0
税込価格 1,100円
頁数・縦 324P 21cm

商品内容

要旨

「ティーバッグって1回で捨てますか?」「今日カレーでいいよが腑に落ちない」「舌を噛んだときの孤独について」…etc.あなたが心の隅っこにそっとしまいこんでいた感情を刺激する珠玉のエッセイ集!

目次

1章 おいしい話(オムライス談議
食べ物を口に入れ続けるスイッチがあることについて ほか)
2章 女だもの(アイロンがけのコツ
ファッション用語がわからない ほか)
3章 他愛もないこと(頭の中でつじつまを合わせる行為
朝の文章、夜の文章 ほか)
4章 働くこと(居酒屋でのバイト
とあるお客さん ほか)
5章 きっと大丈夫(自分ばっかり損していると思う時に
そういえば何も決まっていない ほか)
6章 思い出ぽろぽろ(ミニスーパーあべ
意味不明な遊び ほか)

おすすめコメント

月間800万アクセス!著書累計430万部の人気ブロガーの笑えておいしいエッセイ集。「やーめーてー!!2分に一回爆笑するし!!お腹空くし!!」本屋大賞受賞の小説家宮下奈都さんも大絶賛する鋭い観察眼は前作で大ヒットした「syunkonカフェ雑記 クリームシチュウはごはんに合うか否かなど」からさらにパワーアップ。「ティーバッグって1回で捨てますか?」「今日カレーでいいよが腑に落ちない」「舌を噛んだ時の孤独について」「自分ばっかり損していると思う時に」などなど、誰もが心の隅っこにそっとしまい込んでいた感情を刺激しする作品の数々。今回は大人気料理ブログ「含み笑いのカフェごはん『syunkon』」の大反響ネタに大幅加筆したものに加えて、書き下ろしの新作も多数!さらに簡単でおいしいレシピも掲載しています。「読んでいる間だけでもフッと力が抜けたり、まあいいか、大丈夫、おいしいもんでも食べようか、スタバで普通のコーヒー3杯目行こうかと思えたら(定価)、最高に幸せです」(著者あとがきより)

著者紹介

山本 ゆり (ヤマモト ユリ)  
料理コラムニスト。1986年、大阪府生まれ。結婚前は広告代理店の営業、現在は2児の母(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)