• 本

ばっちゃん 子どもたちの居場所。広島のマザー・テレサ

出版社名 扶桑社
出版年月 2017年11月
ISBNコード 978-4-594-07819-5
4-594-07819-2
税込価格 1,296円
頁数・縦 214P 19cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

行き場のない子どもたちのため、40年にわたって自宅を開放し、毎日無償で手料理を振る舞い続けた「ばっちゃん」こと中本忠子さん(83歳)。ひとはばっちゃんを「広島のマザー・テレサ」と呼ぶ。「大人は信用できない」と口をそろえる子どもたちが、なぜ「ばっちゃんだけは信用できる」のか。365日24時間、子どもたちを受け止め続ける「ばっちゃん」。広島に赴任してから、ばっちゃんを8年間追い続けたNHKディレクターが、子どもたちの置かれた状況、ばっちゃんの子どもたちへの接し方、その言葉や行動をつまびらかに記す。

目次

第1章 いろんな“はじまり”(取材のはじまり
はじめての保護観察所 ほか)
第2章 子どもたちが生きている世界(威嚇する子どもたち
子どもの本音 ほか)
第3章 子どもに届く“声”とは(大人嫌い
「善」「悪」の階調(グラデーション) ほか)
対談 なぜ続けてこられたのか?―伊集院要(NHKディレクター)×ばっちゃん(中本忠子さん)
第4章 罪を犯した者の居場所(唯一気にしている数字
「排除する社会」の危険 ほか)

著者紹介

伊集院 要 (イジュウイン ヨウ)  
1978年、宮崎県小林市生まれ。新潟大学農学部卒業後、番組制作会社、フリーを経て、2009年NHKに中途入局。広島放送局放送部、制作局文化・福祉番組部を経て、現在、仙台放送局放送部デスク。福祉ネットワーク「心を映す連続画」でヤングクリエーター賞、ふるさと発スペシャル「ばっちゃん引退」で放送文化基金賞、ゆふいん文化・記録映画祭松川賞受賞。その他、ハートネットTV、NHKスペシャル「見えず聞こえずとも」などを制作(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)